オチに注目したい3巻

3巻では修学旅行で班の女子二人を他校生徒に拉致されてしまった渚たち。ここでの決闘が見ものです。

 

殺せんせーの過去を匂わせる会話などもありつつ、なんとか無事に修学旅行は終わります。

 

そして帰ってきたE組には、新しい転校生が。この転校生がなんとも型破りで…生徒とは言え暗殺者、そして人間ではなかったというオチです。

 

なんと機械なんですね。この暗殺者・自律思考固定砲台(通称・律)も最初は暗殺のことしか考えておらず、生徒からは迷惑がられてしまいますが、殺せんせーのお手入れの甲斐あって、徐々にクラスに溶け込んできます。

 

このあたりの律と律のマスター(開発者)の駆け引きが面白いです。

 

初めてマスターに逆らって、本当に自律思考をするようになった律が、これからどう変わっていくのかが楽しみになります。