5巻について紹介

5巻は烏間先生が、渚の色々な能力に注目しだす巻です。その殺気を消す能力は群を抜いているようで、烏間先生自身も訓練中にヒヤリとする場面があります。

 

一方でE組には新しい先生・鷹岡が赴任して、烏間先生は首になりかけるのですが、この鷹岡が実はひどい教師です。

 

生徒たちは最初は、一見人懐っこく熱血教師の鷹岡に懐柔されてしまうのですが、途中で鷹岡は暴力教師に豹変。

 

鷹岡を解雇するために生徒の一人と対決することになり、そこで烏間先生が生徒代表に選んだのが、なんと渚だったのです。

 

今までいじめられっ子キャラだった渚の能力がここで一気に開花します。

 

こんな状況に置かれなければ発揮されることのなかった渚の「暗殺の才能」。そのすごさに驚く巻です。